小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山下たろー 山沼戦

家にある野球漫画は、キャプテン、プレイボール、名門!第三野球部、ROOKIES、ダイヤのA、そして今回紹介する「県立海空高校野球部員 山下たろーくん」です。(巨人の星とかも好きです。)

こせきこうじ氏のこの高校野球漫画の特徴は、対戦相手が地区予選から甲子園にいたるまで強豪校ばかりという点。試合も接戦ばかりで、一試合だけ2点差で他は全て1点差です。
また、話の大半が試合描写であるという点もあります。練習風景などはあまり描かれず、試合が終わればすぐ次の強敵が現れ再び試合開始ですから。その代わり試合は長く、たいていは3冊に跨ぎます。

史上最高を目指す主人公の山下たろーが所属する海空高校が最初に描かれた試合は、秋の地区予選決勝 山沼高校戦です。

どんくさい単純バカばかりの集まりである海空に比べ、山沼は野球に限らず他の分野もエリートが集う県立の名門校。
しかし、大衆の予想を覆し、海空は山沼と互角の戦いを繰り広げ、最終回を迎える時にはなんと1点をリード!

これには理由があります。海空高校野球部が練習をしていたとき、たまたま通りがかった山沼野球部がちょっと立ち止まって練習を見てました。それを海空野球部は、自分達を偵察に来たと勘違いし、その日から意気込んで激しい練習を繰り返し、力をつけ、勢いのままに勝ち進み決勝まで上って来たのです。ほんと単純ww

整列の時に全員ずっこけたり、緊張で固くなっている時にはチームメイトに殴られることによってほぐしてもらっていたり、フライを選手全員が激突してでもとりに行ったり、正気とは思えぬ行動を連発する海空野球部。しかし気迫のこもったプレーでエリート集団を翻弄していき、追い詰めます。

ところが、八回から登板した山沼エース佐々木に豪腕を見せつけられ、流れが一転、九回表の最後の守りで佐々木に特大の満塁ホームランをあび、逆転されなおも3点差をつけられます。これにより諦めて帰ろうとする海空高校応援団。しかし、それをマウンドのたろーが大声で喚いて引き止めます。

「おでぜんぜんあきらめてねーもんねー まだまだやるんだもんよー だっておで しじょーさいこーになるんだもんねー」

試合中によく選手とスタンドの面々が会話するのもこの漫画の特徴です(笑)

覚悟を決め、戻ってくる応援団。その後のピンチをトリプルプレーで切り抜け、最後の攻撃に移る海空高校!

大投手佐々木を相手に必死で粘り、たろーのランニングホームランで見事な逆転勝利!

第一話からいきなり死闘が始まったこの漫画。最初にも書きましたがずっとこんな凄い試合ばかりが春の甲子園まで続いて行きます。僕の大好きな野球漫画の1つです。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 00:09:54|
  2. コミック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長嶋Gミレニアム | ホーム | 中澤裕子さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/11-a2da7cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。