小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さまよう刃

東野圭吾さんの「さまよう刃」

長峰の一人娘、絵摩が未成年の少年グループに蹂躙された末、死んでしまうというのがこの物語の始まりです。

妻を失っていた長峰にとっての最愛の娘が…絶望にうちひしがれる長峰に、謎の密告電話がかかってきます。

その密告により絵摩を襲った犯人を知った長峰は、突き動かされるように復讐に乗り出す…といった話です。

犯人達の更正に期待し、少年法で裁くのが正しいのか、それとも長峰の手により復讐するのが正しいのか…?読んでいる側もただ読むだけでなく、かなり考えさせられる話だと思います。

大体は、本の中の人物が復讐を働いても、読み手がどこまで感情移入できるかなんてタカが知れてると思います。同情かけるくらいはあるでしょうけど。

しかしこの話を読んでる間、長峰に復讐を果たして欲しいと少しでも考えている自分がいました。普段の僕なら、どんな理由があろうと人殺しはいけないと考えるところですが。

父親の目の前に、一人娘が犯され、死んでいく映像が流れる…その場に犯人の一人が居合わせてしまったら…。


犯人の一人を殺し、逃亡したもう一人を殺すために動き出す長峰、その長峰ともう一人の犯人を追う警察。そんな構図で話は進んでいき、ラストでは衝撃の展開が待ち受けています。暗めの話が苦手な方以外ならかなり面白いと思います。あと、映画だけ見たという方がいたら、原作を読まれることを強くお薦めします。映画よりも衝撃な展開あるんで。


ここからはネタバレ含みます!




正直、最後に長峰が刑事に撃たれて、復讐を果たせずに死んでしまうのは僕としては残念でした。いや、復讐できないのはいいんですけど、彼を殺さず、説得とかで決着つけて欲しかったです。まあそれが出来ないから読者も考えさせられるんですけど。このあたりは読む人それぞれですよね。

あと、密告者の正体が久塚だった点。あれは完全に中井だと思ってました。確かに最後の電話は彼にはかけられないんじゃ? とは思いはしましたが、対して気に止めませんでした(笑) 全ての事が終わった後に意外な事実が発覚したという流れは、さすが東野さんだなーって感じでした。

ただ、久塚のやったことが正しかったかどうかというと…僕は違うんじゃないかと思います。ただ、僕は親になった事がないし、家族が理不尽に殺された事もないので、あまりキッパリとは言えません。ただ、あえて言うならどんなに感情移入してしまっても長峰を止めるのが第三者の役目なんじゃないかと思います。和歌子がやろうとしていたように。久塚にも長峰のような経験があるようですが、それでも。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/10(月) 18:08:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<奇跡のバックホーム | ホーム | 大谷君>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/22-3879443d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。