小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女王蜂

恋って道を踏み外すと恐ろしい事になる。

女の嫉妬も、男の欲望も、度を越してしまうと取り返しのつかない事態になってしまう。

今回紹介する横溝正史さんの「女王蜂」という長編ミステリーを読むと、そんなことを考えさせられてしまいます。

伊豆半島南部の月琴島に住む大道寺家。絶世の美女、大道寺智子が島から養父のいる東京へ引き取られる直前、「あの娘の前には多くの男の血が流されるだろう。彼女は女王蜂である。」
という不気味な脅迫状が舞い込んだ。その脅迫状どおり、智子の護衛を任された探偵、金田一耕助の前で血みどろの連続殺人が…。

というのがこの話のあらすじです。

この「女王蜂」という作品。横溝さんの金田一耕助シリーズの中では一応有名な部類だとは思いますが、どちらかというと地味なイメージもあります。
僕がそう思う理由は、この話、金田一シリーズの割りにあまりドロドロしてないのです。多分同じ一族間での殺人ではないとか、登場人物に気ちがいが少ないとかの理由でそう感じるのだと思いますが。

あと、事件の舞台が大道寺家の住む月琴島ではなく、養父のいる東京なのです。事件が都会で起こるというのもなんか違和感がある気がします。


しかし、内容はボリュームがあります。絶世の美女を中心に起きる殺人、事件の裏に潜む怪人物、暗号やアリバイ、そして全ての鍵となる19年前に月琴島で起きた密室殺人と消えた蝙蝠等々、謎解き要素満載です。


ここから先はネタバレ含んだ感想です。




まあ、相変わらず金田一耕助は散々人が死んでから事件を解決するなあと思いました。最後の開かずの間なんかあっという間に三人も死んじゃって。いやこれは置いておきます。(笑)


まず、作者の智子に対する美女描写が半端ない(笑) これでもかってくらい智子は美女であるということを説明してきます。彼女は犯行には関与しません。しかし、その彼女の美貌が犯行の動機となってしまうのです。

それに関しては、もう犯人が酷すぎると思います。全ては自分の欲望のためにあれらの残虐な凶行をくり返してしまうのです。彼のせいで何人の人が不幸になったことか…。しかもあろうことか我らが名探偵の金田一まで殺そうとするとは。欲望のためにパンツ一丁で人殺しに行くし。(それは違うかw)

智子の両親も、智子の家庭教師も、みんなかわいそすぎです。あ、あとデブの三宅くんもw

最後、智子が多門と結ばれてくれたのが唯一の幸せでしょうか。

現在進行形で起きた都会の事件はいたって仕掛けもないシンプルなものばかりでした。それよりも過去に起きた開かずの間の密室が謎解きのメインではないでしょうか。
金田一の推理を聞くと、なんだそんなことかというほど単純ではありましたが、無くなった指輪の行方などの謎も一緒に解けてスッキリ出来ました。

あと蝙蝠のトリックは面白かったです。蝙蝠の意味については「そんなんわかるかー!」とつっこみたくなりましたが。

全体的な構成がとてもしっかりしていたので、序盤から中盤にかけての無数の謎が最後に一気に繋がる様は秀逸でした。

最後が明るい終わりかただったので、冒頭にいろいろ書きましたが読後感は悪くないです。金田一シリーズの割りには(笑)
スポンサーサイト
  1. 2012/12/19(水) 22:27:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<5.7億 | ホーム | キャプテン ちばあきお>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/31-0352e9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。