小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔球


「九回裏二死満塁、春の選抜野球大会、開陽高校エースの須田武志は、最後に魔球を投げた!
全てはこの一球に込められていた…
捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部員たちは疑心暗鬼に駆られた…」

というのが東野圭吾さんのミステリー「魔球」のあらすじです。

高校球児に焦点をあてたミステリーです。
しかし登場する開陽高校野球部の部員たちは、とても選抜に出場した野球部とは思えぬ、根性が歪んだ暗い人間ばかり。それが伝染したかのように物語自体がとても暗く、そしてどこか不気味な雰囲気が漂っていて、特にオカルトな要素があるわけでもないのに読んでて怖くなりました。高校生の時に読んだんですが、読んでいた期間中に部活の仲間とかに会うと、
(やっぱり現実の仲間はこうだよなー)
ってホッとしたりしてました。

主役というわけではないと思いますが、物語の中心人物は開陽の天才エースピッチャーである須田武志。この話は彼の魅力によって支えられていると言って良いと思います。

須田の豪速球を唯一捕球できた北岡が殺され、捜査線上には開陽高校の野球部が上がります。しかし犯人が分からぬまま第二の殺人が起き、傍らには「マキュウ」と書かれた謎の文字。果たして犯人は、そし動機は…?

野球と推理が絡んでいたので両方好きな僕にはうってつけの本でした(笑)
ただ、最初に書いたとおり、野球らしさとかはあまりないです。あくまでミステリーなんで、不気味で、そして悲しい話です。興味のある方は読んでみてください。
ここからはネタバレ含んだ感想かきます。





一度書きましたが、須田武志というとてもストイックな天才が物語の柱であり、彼で始まり彼で終わる話だと思います。

捕手の北岡や二番手投手の田島を除いて根性なしな部員ばかりしかいない野球部を選抜に導いた時点で、須田という投手がいかに凄いかは分かると思います。


しかし彼には野球など二の次でホントは、夫を早くなくし貧しい思いをしながらも自分と弟を育ててくれた彼の母を守ることが全てだったのです。

そのためにはとにかく大金を手にしなければならない。自分にできることはプロ野球選手となり金を稼ぐこと。しかし自分の自慢の右腕はもう故障で再起不能だった。なんとかそれを隠し、契約金だけでも…。彼にとっての野球とはその程度のものでした。
しかし捕手の北岡には気づかれ、口止めしたはずなのに彼は監督にその事を相談にいってしまいます。須田はショックを受け北岡と揉め、そのはずみで北岡を殺してしまったのです。その後、犯行がばれて母に迷惑をかける事だけを避けるために、自分も被害者になる計画をたて、殺人に見せかけて自殺してしまう…。

なんというかもう、悲しいというか、やるせなさが凄いです…。なぜ須田のような家族を愛し野球も天才的で努力家な男や、その兄を慕っている勇樹や、北岡のような純粋な高校球児がこんな目にあってしまうんだろう…って。物語をちゃんと読んでもわかったようで納得いきません。


しかし何度も言いますが全ては須田武志の人柄にあると思います。彼の境遇もそうですが、殺人を引き起こした元凶は彼の異常とも言える考え方なのです。
それは、約束を守らなかった相手に対しては、何らかの報復をしなければいけないという考え方です。

これが元で北岡を殺してしまうという事件が起きてしまうのです。

なんか少し、この物語を成立させるために作った強引な設定な気もしましたが、まあ須田のような天才肌には多少は狂った性格もいそうだし、伏線も張られていたのでそこまで気にしない事にします(笑)


ホント、何から何まで暗い話でしたが、最後だけちょっぴり明るい終わりかただったのでホッとしました。魔球は神からの贈り物だったみたいなとことか。


スポンサーサイト
  1. 2012/12/26(水) 18:54:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<チャリティーサッカー | ホーム | 5.7億>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/35-8e87f3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。