小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本シリーズ第2戦




10月に友達と日本シリーズの第2戦を観に行きました。

両チームの先発投手は巨人が沢村で日ハムが武田勝でした。

日ハムの先攻で試合が開始されました。先頭の陽に対し、沢村の注目の初球。

ところが、速球が抜けて、いきなり死球!!
東京ドーム全体がしょっぱなからザワめきました。

今日は良くない方の沢村だな…と僕は思いました。というのも、その頃の沢村は好不調の波が激しく、序盤から試合を壊すことも多かったからです。

その直後には中田にも死球。さすがに異様な空気が漂いました。今日は5点くらい取られそうだと思いました。

その後にさらに驚くことが起きました。捕手の阿部がタイムをかけてマウンドにいったかと思うと、いきなり沢村の頭をたたいたのです。スクリーンで表情を見る限り阿部はキレてました。観客たちはまたどよめき、巨人の応援団からはなぜか拍手が沸き起こりました(笑)

沢村の制球に阿部が怒ったのかなと思いましたが、どうもサインミスをしていたようです。

阿部の叱咤が効いたのか、初回のピンチを無失点で抑えた沢村。

直後、巨人の長野に先頭打者本塁打が生まれ、一点先制。しかし、今日の沢村じゃあこの一点だけでは勝てないぞ…と、おそらくかなりの人が思ったと思います。

ところが…沢村は尻上がりに調子をあげていきます。ピンチも背負うし、変化球も相変わらず抜けるのですが、ストレートがみるみるうちに良くなっていき、日ハムに点を与えません。

それと、初回の二つの死球も沢村にとってはいい方向に転がったようでした。一度くらった陽はその後の打席ではまともにスイングできてなかったし、中田は当たり所が悪かったらしく交代されてましたし。


巨人も長野の一発の後、点は奪えませんでしたが、日ハムも沢村の圧巻の豪速球に手が出ず無失点のまま。

僕の予想を完全に覆しまさかの投手戦で試合は進んでいきます(笑)


そして最終回…抑えを任された巨人の山口は簡単に二死をとり、あと一人。ところが、そこから連打を浴び、二人の走者をおいて代打、二岡が登場!

ここで切り札かよ…渋い演出いらねーよ山口!!と僕は思いました。同じ年の八月の頭に観に行った時も最終回に山口で逆転されていたので嫌な予感がめっちゃしました。


巨人は投手交代で西村でなくマシソンがマウンドへ。

僕が神に祈るなか、マシソンは見事に二岡をライトフライに打ち取り試合終了!


まず驚きなのは沢村の出だしの乱調っぷりにも関わらず完封リレーだったことですね。逆に言えば、日ハムはその回で主導権を握れなかった事がとても痛手だったのでしょうね。その沢村の乱調により後々打ちづらくなった可能性もありますし。

沢村は中盤以降も変化球が決まってなかったので、やはり調子はよくなかったんだと思います。ただそれでも速球で空振りを連続でとれていたので観ててシビれました。さすが次世代のエース!

最後の二岡の打席は激アツでした。

面白い試合観られて良かったです。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/29(土) 23:37:41|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紅白で | ホーム | 正体が…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/41-351ec776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。