小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オペラ座館 新たなる殺人

読む本は基本的にミステリー中心です。 きっかけは少年マガジンの「金田一少年の事件簿」

漫画じゃん! と突っ込まれそうですが、初めて読んだ小説はこの漫画のノベルス版なんですよ。

小学生の時、初めて読んだ小説が、タイトルの「オペラ座館 新たなる殺人」

当時はガキだったから、読むのは苦労しましたね(笑)

探偵と言えば江戸川コナンしか知らんかった僕が初めて本格推理小説を読んだ訳ですから。

これがきっかけで漫画版の方全巻読んで(怖い話ばっかで軽くトラウマになる)ミステリー面白いわーって思って他の作者の推理小説もバンバン読むようになって。

(肝心のタイトルの話しますね)
核心には全く触れずに紹介だけ。

この「オペラ座館~」という小説、あとから知りましたが、かなりミステリーの初心者向けにつくられたらしいです。

今年の3月頃、この話の文庫版を見つけたので買って読んでみたら、確かにそう思いました。

まず、文章がほとんど主人公の金田一少年の心理描写なので、とても読みやすい。 本を何冊も読んだ方からみたら、ちょっと幼い文章だな…と感じるかも。僕としては、うまい具合に漫画の金田一の雰囲気を出したなって感じ。

次に、事件トリックが本当に基本中の基本。ガキの頃読んだ時は分からんかったけどね(笑)

後、軽めの叙述トリックが少々ふくまれているくらいかな。

まさにミステリーの入口にふさわしい作品でした。もちろん漫画の金田一を知らなくても読めます。

これから初めてミステリーを読もうという方には文句無しでオススメできます。

ミステリーの熟練者は、主人公より早く謎が解けるかチャレンジするのにはもってこいだと思います。

こんな具合にたまに読んだ本紹介しますね。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/24(土) 09:22:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<こち亀 奪還 | ホーム | 高校監督が>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/5-ca44c3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。