小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

異次元の狙撃手

コナンの映画を観に行ったの、小学生のときに父親と2人で銀翼の奇術師を観に行って以来、二回目です笑

そもそも映画なんてそのうちテレビでやるんだし、わざわざ映画館で観んでも…とバカにしてたんですが、やっぱり映画館すごいです。迫力が。それに、ちょっとみんなより先取りして観られた気分にもなれるし。行って良かったと思いました。


で、今回の異次元の狙撃手という話なんですが、ネタバレなしで感想言うと、凄く面白かったです。鳥肌たって震えました。こんなに面白いと思ったのは水平線の陰謀でおっちゃんが真犯人を追い詰めてたシーン以来かも笑
個人的にコナンの映画は最近つまらんと思ってましたが、今回のは天国へのカウントダウンくらい面白かったな、うん(わかりにくくてすんません)

話しても問題ない範囲でネタバレしますが、過去のコナン映画と比べていろいろと斬新な展開が多かったです。
例えば、今までは完全に無敵を誇っていたコナンのスケボーテクニックが今回とても危うくなったり、狙撃ばっかで爆弾ほとんど出なかったり(記憶違いかもですが、手榴弾しかなかったような)、犯人の戦闘力がハンパなかったりと。
FBIとか世良とか沖矢とか出て来るんですけど、コナン一人じゃとても勝ち目はなかったですね。その分、緊張感も凄かったです。


あと、原作ではまだ明かされていない『謎』が一つ明らかになってました。映画でこーゆーことしていいのか??と、興奮もしましたが、原作で違う展開にしてくるなんてこともあるのかな…?

とにかく、黒の組織を映画にだしても全く主軸のストーリーに関わらなかったじゃん! て思ってる人は、そんなことはないので安心していいと思いますよ!

でも、その『謎』は本当にオマケって感じで、今回のストーリーの面白さは十分にコナン映画の中でもトップレベルだと、コナン映画を全て知っている僕は思います笑

そういや、サンデー本誌でも最近のコナンはFBI関連やってますね。
来葉峠の真実が明かされそうなので楽しみです!
スポンサーサイト
  1. 2014/04/24(木) 21:56:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノーヒットノーランからの一打はきつい | ホーム | WBC 日本vs台湾>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/52-de4c9bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。