小石川かりんとう

east mattuのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こち亀 奪還

漫画小僧の僕は「こち亀」をほぼ全巻持ってます(笑)
まだ二十歳突入直前の僕なので、初めて読んだこち亀は百巻台。ある程度読んでからいきなり昔の一巻とか読んだら雰囲気違いすぎて軽くショック受けました(笑)

そんな初期こち亀の名シーン(僕の好きなシーン)を紹介します。

十巻「奪還!の巻」です。
中川圭一がメインの話です。

中川と言えば銃の腕前が達人級ですよね。
しかし、彼は普段から拳銃に頼りすぎてると自覚していました。
上司の両津にも格闘技が弱いと言われ、通りがかった子供に、拳銃もってれば誰だって強い等と言われる始末。中川は態度には出しませんが表情は曇ります。

そして事件が起きます。強盗が現れたのです。逃げる犯人の足を狙撃する中川。しかし・・外してしまい、人質をとられて逃げられます!

余談ですが、中川が狙撃に失敗するシーンなんてめったにないんじゃないですか? 最近では超人的能力を持つ登場人物の多いこち亀ですが、この頃はそんな人物は皆無ですからね。

人質をとり、喫茶店に立て籠る犯人。こうなったのは自分のせいと責任を感じた中川は部長に人質を助けに行くと志願。 この時の中川かっけー!!

人質の身の安全を考え、遠くからの狙撃を諦める中川。気づかれないよう近づいていきますが、見つかってしまい彼までも人質になってしまう!

しかし!言葉巧みに犯人を誘導し、一瞬の隙をついて犯人を背負い投げ!決まったぜ中川!!

見事に人質の救出に成功。人質の安全を第一に考え、銃に頼らなかった中川に、「よくやったな」と部長。

良い感じに終わりました。

この話はギャグのこち亀には珍しいシリアスな展開で、中川が異常にカッコいい話でした。てか両津が完全に蚊帳のそと(笑)

こち亀ってむちゃくちゃ長い話ですし、名シーンも多いですよね。当分はこのブログもネタに困らないな(笑)


スポンサーサイト
  1. 2012/11/24(土) 23:03:29|
  2. コミック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イチロー | ホーム | オペラ座館 新たなる殺人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zukka4.blog.fc2.com/tb.php/6-4a577b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。